2024.6.13

求人票にある「オープンポジション」のメリット/デメリットってなんですか?

#転職
  • 記事をシェア

共働き&子育て世代向けの転職サービス『withwork』です!今回のお題は、「オープンポジション」について。求職者側と企業側のメリット、応募する際に注意すべきことについて、キャリアアドバイザーの西尾&重松が答えていきます。

 

興味がある企業があり、これまでの経験を活かせるドンピシャの職種の募集はなかったのですが、オープンポジションがありました。
オープンポジションのメリット/デメリットって、何かあるのでしょうか?

 
 

そもそもオープンポジションって、どういったものでしょう?

 
 

一般的に、求人を行う際には職種や業務内容を明確にしておくのですが、オープンポジションは職種等を定めない募集方式を指します。
特定のポジションではなく、「その企業に対して応募する」イメージです。
もし今経理をやっていて、経理の募集が出ていたらそちらに応募した方がスムーズに話が進むと思います。
そうではなく、経験のある職種の募集がないものの「この企業であれば、自分のこういった経験を活かして貢献できるかもしれない」といった貢献仮説が成り立ちそうな場合や、自分が該当しそうなポジションの求人がたくさんあるものの「このポジションじゃないと嫌だ」といったものがない場合に、応募することが多いですね。

 
 

求職者側からすると、「どこにはまるかわからないから広く見てほしいな」「自分の可能性を広く探ってほしいな」といったメリットがあるんですね。
企業側のメリットはどういったものがあるのでしょう?

 
 

企業側のメリットも大きいですよ。
社内に課題があるものの、それを解決するための求人をしていない。
そのような中で、とある人が企業に興味を示してくれて、よくよくその人の経歴や志向をみてみたら、「この人だったら、あの課題を解決してくれるかもしれない」「ぜひお任せしたい」といったことがあるんですね。
「人ありき」の採用です。

転職潜在層にもアプローチできるメリットもあります。
今すぐ職を探さなくてはいけない、といったわけではない人たちですね。
そういった方たちは、ポジションに合わせようとするとなかなか応募してくれないのですが、面白いポジションがあるならば話は聞いてみたいという方もいるので、「まずはお話してみましょう」といった形でオープンポジションで間口を広げておくと、予想だにしない素敵な出会いがある。
企業側からすると、そういったメリットもあります。

 
 

具体的な求人だったらなかなか応募に至らなかったり、接触することが難しいようなそこまでまだ意欲が高くない人に対しても、アプローチできたり、繋がることができるんですね。
逆に、オープンポジションのデメリットはありますか?

 
 

企業からすると「ちょっと違うな」といった方の応募が殺到する可能性があるのは、デメリットかもしれませんね。
職種ごとの求人票であれば、必須要件なども書けるじゃないですか。
例えば、「法人営業の経験が3年以上」と記載されていると、該当しない人は応募しない。
でも、オープンポジションであれば、誰でも応募できますよね。
とくに求職者から人気の企業であれば、たくさんの応募は来るけど、お会いしたい人ではない人も多数含まれるのではないかと思います。

 
 

そうすると、企業側からすればかなり業務的な負担が大きくなってしまいますよね。
そうした状況をふまえると、求職者側がオープンポジションに応募しようか検討している際の、何か注意すべきことはあるのでしょうか?

 
 

企業の事業内容や課題を理解したうえで「これまでの経験を活かしてどういった貢献ができるか」「なぜその企業に興味があるのか」をきちんと申し述べることができるかが、大事だと思います。

 
 

企業が抱えている課題はなかなか外からだと見えづらいし、自分と企業の親和性がどのくらいあるのか、客観視しづらかったりしますよね。
困ったときは、ぜひ企業から日々採用課題などをヒアリングしている我々のような転職エージェントに頼っていただければと思います。

 

\今回のお悩みに答えたキャリアアドバイザー/

ぜひご相談ください!

共働き&子育て世代向けの転職サービス『withwork』のキャリアアドバイザーがあなたのお悩みに答えていきます。 「同僚や身内には相談しづらい」「ネット上だと一般論ばかりで、なかなか良い解決策が出てこない」そんな質問、ウエルカムです。 あなたの相談が、同じような事情を抱える人を救うかも!お気軽にご相談ください。

>> お悩み送信フォーム <<

  • 記事をシェア