2024.2.26

企業への志望動機が「リモートワークできるから」はアリ?

#働き方
#転職
  • 記事をシェア

今回のお悩みは、中途採用における志望動機について。キャリアとライフを両立するため、柔軟な働き方を希望する求職者さまからのご相談が多い、共働き&子育て世代向け転職サービス『withworkのキャリアアドバイザーが答えていきます!

 

現職の働き方に不満を感じ、転職を検討しているのですが、志望動機が「リモートワークができるから」はアリなのでしょうか?

 
 

全然アリです!ただ、企業側に伝える際にはちょっと気をつける必要があるかなと思います。

 

いきなり「条件」の話は、ポジティブには映らない

前提として、新卒時の就活と違って、今時の中途採用の面接で「志望動機を教えてください」っていう会社ってそんなに多くはないと思うんですよね。
転職市場において人材獲得の難易度が上がっている時に、「我が社が第一志望ですよね」みたいな前提で採用活動を行うこと自体が難しくなっているので。
ただ、そうした大前提はありつつも、企業側は応募者に対して「今回の転職で何を叶えたいんだろう?」「どんな転職軸を持っているんだろう?」「我が社に興味を持ったきっかけはなんだろう」といったことは気になるし、実際に聞かれます。

こういった質問をされた際に、第一声に「リモートワークができるから応募しました」という、条件の話をいきなり前面に出すのは、あまりポジティブには映りません。
やっぱり企業としては、自分たちの事業に貢献してくれたり、一緒に会社を成長させてくれるような人を採用したいと思っているので、その人なりの強い意志や入社してやりたいことを聞けるのを期待しているんです。
なので、働き方のような条件の話が前面に出ちゃった場合、企業としてはちょっとトーンダウンしちゃうかなと思います。

転職を考えたきっかけが「働き方」なのは、まったく問題ありません。
そこから、理想の働き方に近づいた前提で、「これからチャレンジしたいこと」や「築いていきたいキャリア」まで、深ぼって考えられるといいかなと思います。

中途面接は「お見合い」話す順番も大事

中途面接って、「お見合い」のような、お互いが幸せになれるかを確かめる場です。
お見合いでも、いきなり「年収が高いから」「別居婚できるから」みたいな条件の話をされると、「おお…」ってなりますよね。
ミスマッチを防ぐためには、話す順番が大事になってくるかなと思います。
一例ですが、「事業としてこういう所が魅力的だと思った」「こういう風に活躍していきたい」としっかりと伝えたうえで、「ちゃんと貢献していくためには、働き方の面でこういった柔軟性が必要だと思っているんですが、実際どうなんですか?」と、働き方について確認し、擦り合わせていってもよいかもしれません。

一方で、「面接では聞きにくいな…」と思われる方もいらっしゃいます。
そんな時は、私たちのような転職エージェントが求職者さまの代わりに聞くこともできるので、うまく活用いただければと思います。
先ほどの「伝える順番」なのですが、とくに最終面接の経営者の方とか直属のCxOの方などとの面接ですごく大事な部分になってきます。
「論理派なのか、感覚派なのか」みたいなことも含めて、けっこう変わってくるので、その辺りの細かい面接対策については、withworkが得意としている所なので、ぜひ頼っていただけると嬉しいです。

\今回のお悩みに答えたキャリアアドバイザー/

ぜひご相談ください!

共働き&子育て世代向けの転職サービス『withwork』のキャリアアドバイザーがあなたのお悩みに答えていきます。
「同僚や身内には相談しづらい」「ネット上だと一般論ばかりで、なかなか良い解決策が出てこない」そんな質問、ウエルカムです。
あなたの相談が、同じような事情を抱える人を救うかも!お気軽にご相談ください。

>> お悩み送信フォーム <<

  • 記事をシェア