2023.12.8

育休明けに転職してもOK!企業の選び方と成功させるためのコツ、注意点

#育休
#転職
  • 記事をシェア

育休明けを控え、職場復帰が間近に迫る時。早く仕事に戻りたい気持ちと、もう少し育休中の生活を続けたい気持ちが行ったり来たりを繰り返し、期待と不安が入り混じる時期です。

「復職後、うまくやれるだろうか?」
「もし、家庭との両立が難しく感じたらどうすればよいのだろうか?」
「育休明けの転職はありなのか?」

本記事では、そんな職場復帰前に感じる不安への対処法や育休後の転職活動について考えてみます。

育休明けに多くの人が感じる不安

長く休みを取れば、復職するときに多少の不安を感じるのは当然とも言えますが、こと産休・育休からの復職において抱える不安には、どのようなものがあるでしょうか。

ワークライフバランスへの不安

最も多く耳にするのが「仕事と家庭を両立できるのか」ということへの不安です。
特に出産前に残業もしながら仕事に打ち込んでいた場合、同じような働き方はできないと感じる方が多いようです。
また、第一子の場合は、職場復帰後のイメージがつきづらく、強い不安感につながりやすいです。

子どもと離れることへの不安

育休中ずっと一緒に過ごしてきた我が子と離れることへの不安や寂しさもあります。
自分以外の人に大切な子どもを預けることへの葛藤や、成長著しい乳幼児期にそばで見守れないことへの憂いはなかなか断ち切るのが難しいものです。

職場の人に受け入れてもらえるかの不安

特別扱いしてほしいわけではなくても、仕事をセーブしたり突発的に休まなければならなかったりする状況を受け入れてもらえるかという点に不安を覚える、ということも。
自分が職場で初めての産・育休中取得者で、周囲に育児を実態として理解してもらうのが難しいケースや、逆に育休復帰後もなんら変わらずハードに働く先輩しかおらず、職場でもそれが当然と思われているケース等、ロールモデルに乏しい環境で抱えがちな悩みです。

出産・育児を経て私生活が激変しているのですから、さらに仕事を加えるとなると不安な気持ちが先立つのは自然なことです。
漠然とした不安を分解し、何に不安を覚えているのかを自分でしっかり確認しながら、復職の準備を進めることが円滑な復帰の第一歩になります。

育休明けの働き方、どうする?

様々な不安感の中でも、働き方の部分については復職前からある程度対策を打つことが可能なエリアです。
家庭の状況を踏まえてどのような働き方がしたいのか、また可能なのかを具体的に落とし込んでみましょう。

制度の確認

まずは会社の様々な制度について改めて確認を。知っていたつもりでも、当事者になってから再度チェックすることで新たな発見が得られることもあります。
職場との復職前面談等で活用したい社内制度について、しっかり伝えられるよう準備をしておくことも大切です。

フルタイム勤務で復職

フルタイムで復職する場合、収入が産・育休前と同水準になることが最大のメリットと言えます。
また、同僚たちにも業務量で過度に気遣ってもらう必要がなく、気持ちが楽だと感じるという面もあります。
デメリットとしては家庭に割く時間を多くとることができないこと。
結果として、家事代行等のサービス活用に手間や出費がかさむこと等があげられます。

時短勤務で復職

家事や育児等の家庭運営にフルタイムよりは時間を割くことができ、時間的にも精神的にも余裕が生まれるのが時短勤務のメリットです。
一方、デメリットとしては、勤務時間が減り収入も減ったのに、業務量はあまり変化がなくフラストレーションがたまる、という意見があります。

リモートやフレックスの活用も

育休復帰後の働き方として、フレックス制度やリモートワークが可能な場合は取り入れることを検討するのもいいでしょう。
柔軟な働き方ができることを示すのは、育児中かどうかに関わらずあらゆる社員にメリットをもたらすため、積極的に活用する姿勢を見せることで職場にいい影響を与えられるかもしれません。
「フルタイムか時短勤務か」といった選択が必要な場合は、制度の切り替えが1ヵ月単位でできるのか、年に1回しかできないのか、といった見直しのタイミングも必ず念頭に入れておくようにしましょう。

育休明けの転職は問題ない?

職場復帰について考えていると、転職が頭をよぎることもありますよね。
でも実際に育休明けに転職活動をすることに、何か問題はあるのでしょうか。

法的にはOK

元々は復職するつもりで取得した産・育休でも、様々な事情で復職が困難になることはありえること。
法的には問題なく、産・育休中や明けてすぐの退職・転職は自由に行うことが可能です。

育児休業給付金はどうなる?

雇用保険の被保険者が育休取得時に受け取ることができる「育児休業給付金」は、育休が終了したら元の職場に復帰することを前提とした給付金です。
そのため、育休前から退職を決めていた場合は受け取ることができませんが、受給資格を得た後に退職が決まった場合は原則返還の必要はありません。

保育園の入園条件は要確認

自治体によっては、育休明け復職者は加点が高く保育園に入りやすいことがあります。
元々在籍していた職場に戻らない場合や復職後すぐに転職する場合は再審査が入る可能性もあるため、事前に確認しておきましょう。
育休中に転職活動をしても法的には問題ありません。
保育園については、制度や条件をしっかり理解した上で転職活動の時期を考慮すると安心です。

育休明けの転職活動を成功させるためのポイント

転職活動を意識し始めた場合、まずはどんなことからスタートすればよいのでしょう。
応募や選考に進む前に整理しておきたいポイントを考えてみます。

転職をしたい理由を明確にする

育休明けに限らず、転職活動を成功させるコツは「なぜ転職したいのか」を自分の中ではっきりとさせておくことです。
そうすることで、同じような要因でまた転職したくなってしまう、という事態に陥る可能性を排除できます。

転職で実現したいライフプランを立てる

転職したい理由が自分の中で明確になったら、転職によってどんな生活を叶えたいかを具体的にイメージしてみます。
終業後や休暇の子どもとの過ごし方や余暇にやりたいこと等も踏まえながら、パートナーとも理想の生活スタイルについて話をしておきたいですね。

仕事やキャリアで実現したいことを言語化しておく

一般的に育休明けの転職者は理想の働き方ができる環境を優先に企業を選び、仕事内容は二の次になりがち。
企業選択の優先順位をつけるのはいいことですが、それに加えてどんな仕事がしたいか、どんなキャリアを築いていきたいかは選考でも問われるため、必ず整理しておきたい部分です。

時間の捻出方法を考えておく

いざ転職活動を始め、選考が進むと面接が行われます。面接の時間に現職の調整が可能か、または子どもをみるのにパートナーや第三者の手を借りることは可能か、といった時間をやりくりする見通しは立てておく必要があります。
職務経歴書の用意や自己分析等、転職活動は労力がかかります。
仕事をしながら、ましてや育休明けだと、より混沌とした状況になり転職活動を諦めてしまうことになりがちです。
自己分析や理想の働き方については、転職が少しでも頭によぎった時点で少しずつ整理を進めておくと良いですね。

育休明けの転職で、気をつけるべきこと

特に育休明けの転職については注意が必要な部分があります。のちのちの後悔を防ぐため、予め考慮にいれておきましょう。

家族と話し合う

なぜ転職が必要だと判断したのかをしっかりパートナーや家族と話しておきましょう。
転職により就労条件が変更になることで、家事育児の分担見直しが発生する等、パートナーの生活スタイルにも影響が出る可能性があります。

転職先の制度を使えない可能性がある

会社によっては入社後に試用期間や研修期間がある場合もあります。
また、入社してすぐは利用できない制度もあるかもしれません。
育休明けの転職者にとって、生活スタイルを大きく左右する時短制度の利用可否や有給休暇の付与については事前に確認しておきましょう。

保育園の規則を確認する

特に現職の退職日から転職先への入社日まで時間があく場合等、退園事由にならないかしっかりと確認しておきましょう。
自治体によって制度が異なり、また改正がある場合もあるため、周りの事例を鵜吞みにせずしっかり確かめたいところです。

現職への伝え方にも配慮を

育休明けどんな理由で転職を決意したとしても、産休・育休中はもちろん、妊娠中も、復職してからも、たくさんの同僚たちが見えない部分でも支えてくれていたことは決して忘れないようにしたいものです。
転職の意志を伝える際は感謝の気持ちも伝えたいですね。
自分の思いだけではなく、どうしても制度や条件の確認が必要になってくるのが子育て中、特に育休明けの転職活動です。
よりよい環境整備のためしっかり気をつけて進めていきましょう。

育休明けの転職先企業を選ぶポイント

子育てとの両立を念頭にした転職先を検討するにあたり、どのような点に考慮して企業を選ぶと失敗が少ないでしょうか。

ワークライフバランスに理解のある企業か

転職を決めた理由が何であれ、育休明けであれば育児との両立が可能かどうかは外せない要素になりますね。
育児中の社員だけでなく、介護や傷病等の事情を抱える社員を想定しているかという目線をもつのもいいでしょう。

柔軟な働き方ができるか

育児中かどうかに関わらず、従業員の様々な事情をわかり合える環境があると働きやすいですね。
具体的にはリモートワークやフレックスタイム制、オフピーク通勤等の制度、残業の程度や休暇取得率等はチェックしておきたい内容です。

子育て中の社員が活躍しているか

転職希望先に育児中の社員がいる場合は、どのような働き方をしているかみておくと参考になります。
会社が想定するロールモデルに共感できるかどうかは、転職を決める大きな判断根拠となるでしょう。

子育て世代向けの転職エージェントの活用も

転職エージェントを活用するならば、求職者にワーキングペアレンツを想定しているエージェントに登録するのもおすすめです。
企業側から見ても子育て中であることがわかりやすくお互いに条件のすり合わせをスムーズに進められます。
企業の実態を転職活動中に見極めるのはなかなか難しいもの。
子育て世代の転職支援を得意とする転職エージェントには、育児中の社員に理解のある企業の求人が多くあるため、希望とマッチする企業が見つかりやすいと言えます。

たとえば、ワーキングペアレンツの転職支援に特化しているwithworkでは、「キャリアとライフをトレードオフにしない」をコンセプトに、IT/Web業界を中心にリモートワークやフレックス制度など、柔軟に働ける制度を導入している企業を厳選してご紹介しています。
実際に、「育休から復職後、今の職場環境では働き続けられる自信がない」と育休中にご登録される方も多くいらっしゃいます。
「まずは情報収集から始めたい」「孤独な戦いになりがちな転職活動において、一人でも多くの味方が欲しい」という方は、ぜひお気軽にwithworkにLINE登録&ご相談くださいね。

まとめ

育休中に感じていた不安が的中してしまい、転職を考えることもあるかと思います。
なかなかまとまった時間の捻出が難しい育休明けに転職活動をする場合は「なぜ転職するのか」「転職することで実現したいのは何か」を軸として持っておくことが成功の鍵といえます。
転職を決意したら、自分と家族の人生のためよりよい決断ができるよう、ポイントを押さえて準備をしていきたいですね。

  • 記事をシェア
監修 / 勅使河原 裕理

大学卒業後から一貫して人材業界に従事。株式会社インテリジェンス(元パーソルキャリア株式会社)にて新規事業関連業務に携わった後、ミドル~ハイレイヤー層特化型エージェントやコンサル業界支援エージェントにて、CxOクラス~若手優秀層のキャリア支援を経験。もっと幸せに働くワーキングペアレンツを増やして、子供たちへ明るい未来を残したいとの想いからXTalent株式会社へ参画。2児の子育て中で、育休中転職の経験もあり。

ライター / 高野 萌奈

ライター・編集として雑誌やweb媒体にて活動。ライフステージの変化とともに働き方を模索しながら、自分らしい生き方を研究しています。withwork magazineでは立ち上げ当初よりライターとして参画中。

この記事の監修者
勅使河原 裕理

大学卒業後から一貫して人材業界に従事。株式会社インテリジェンス(元パーソルキャリア株式会社)にて新規事業関連業務に携わった後、ミドル~ハイレイヤー層特化型エージェントやコンサル業界支援エージェントにて、CxOクラス~若手優秀層のキャリア支援を経験。もっと幸せに働くワーキングペアレンツを増やして、子供たちへ明るい未来を残したいとの想いからXTalent株式会社へ参画。2児の子育て中で、育休中転職の経験もあり。

この記事のライター
高野 萌奈

ライター・編集として雑誌やweb媒体にて活動。ライフステージの変化とともに働き方を模索しながら、自分らしい生き方を研究しています。withwork magazineでは立ち上げ当初よりライターとして参画中。